メニュー

各種検診・検査・健康診断

当院でおこなっている健康診断(要予約)

身長・体重、内科診察、血圧や脈拍測定、視力や聴力検査、採血や尿検査、レントゲン、心電図検査など一般的な項目から、ご希望の組み合わせで行うことが可能です。下記検査を組み合わせたり、単独で行うことも可能です。

費用は検査項目により異なりますので、予約時にご確認ください。

事前に予約が必要となりますので、ご希望の方はお電話(0475-24-7717)にてご連絡ください。

 

採血検査の追加項目

肝炎ウイルス検査(HBs抗原、HCV抗体)

甲状腺機能検査(TSH、FT4)

腫瘍マーカー(SCC、CEA、CA19-9、AFP、PSAもしくはCA125)

 1項目から追加可能、男女別5項目セットでの測定も可能です

 *腫瘍マーカーのみで、悪性疾患が診断できるわけではありません

 糖尿病検査(糖負荷テスト):ブドウ糖内服前後に採血(前、30・60・120分)

 

超音波(エコー)検査

echo超音波(耳で聞こえるより音よりも周波数が高い音)を体表面から内部に発射し、その反響をコンピュータで画像処理することで、内臓の状態を確認する検査です。
体の表面にゼリーを塗り、プローブといわれる装置を体に当てて検査を行います。検査時の痛みは無く、X線被爆の心配もありませんので安全な検査です。
エコー検査によって各臓器の状態の確認や腫瘍、腫瘤性病変、炎症性病変、隆起性病変を発見することができます。

当院では、腹部(肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓など)、頚動脈のエコー検査を行っています。

 

動脈硬化検査(ABI/CAVI)

加齢とともに動脈硬化は進行します。生活習慣病や生活習慣の乱れ、喫煙などが加わると年齢以上に進行することが知られています。この検査では現在の血管の硬さや詰まり(閉塞)などの評価が可能で、いわゆる血管年齢も知ることができます。

 

呼吸機能検査(スパイロメーター)

呼吸により肺を出入りする空気量などを測定することで、肺の機能(呼吸の能力)を調べる検査です。喫煙の影響により生じる肺の生活習慣病(COPD)の評価や、肺年齢の評価もできます。

 

骨塩定量検査

骨粗鬆症の検査です。骨塩量の測定を行い、早期に骨粗鬆症の発見や、治療の経過を確認することができます。

 

ご注意ください

当院では、乳幼児検診は行っておりません。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME